中国株の弊社の投資戦略(2008/04/15)

2004年以降2007年8月まで 

中国株の買いチャンス大きく北京オリンピックに向けて強い買い推奨


上昇第一ラウンドの中国株推奨実績


400万円は2007年9月25日段階で4268万円!


2007年8月〜2007年12月まで


中国株の一部利食い売り局面、現金化を促す


株式で資産形成するには:売り情報を軽く見るべからず

会員サイト向けの2007/01/18投資戦略を参照 「弊社では中国株に対して2007年8月までは強気一貫の姿勢でしたが、2007年8月1日を契機に順次推奨頻度を落とし、現金化を促してきました。徐々に調整色を強めていく中で買い強気スタンスに変更する時を現在見極めております。株式相場は調整や下落する時期はどんな市場でもやってきます。買い物をするのに安い買い物ができた方が良いに決まっております。安い買い物が出来る機会を見逃さないようにしていきましょう!・・・・」

2008年1月〜2008年3月24日まで


会員サイト向けの1/20臨戦態勢突入!「下値模索の展開で様子見姿勢」を御参照ください。 「長い間、株式を信じ続け保有し続けることは非常に難しい話です。ましてや長い間信頼を損なわずに成長し続ける企業というのもなかなかそう容易く投資できるものでもありません。ヤマダ電機の陰には数多く消えていって敗れていった企業もあるのも現状です。だからこそ弊社では不透明感が増してきたり経済の流れが変わっていく状況の時には売りもお勧めし、現金化をする時期も重要と考えているのです。また、昨年中に指示通り売却されてきた方にとっては今の下げは余裕を持ってみることが出来るでしょう!いよいよ待ちに待った臨戦態勢突入です!」と2008/1/20時点で下げを待ち構える姿勢で中国株を考えていくことを示唆。


2008年3月25日〜


様子見姿勢から一転、中国株への再度の買いスタンス鮮明。上海万博に向けて中国株上昇第二ラウンドへのスタートと弊社では判断。3/25にスタート。

会員サイト向けの「今週のランキング2008/03/25」を御参照ください。

☆交通銀行(3328)1000株

3/25終値8.19香港ドル→10.5香港ドル(28.2%上昇)

☆中国中鉄(390)1000株

3/25終値7.03香港ドル→7.68香港ドル(9.2%上昇)

☆R&Fプロパティ(2777)400株

3/25終値16.48香港ドル→21.8香港ドル(32.2%上昇)

☆アリババ(1688)500株

3/25終値13.54香港ドル→13.6香港ドル

☆チャイナガス(384)2000株

3/25終値1.75香港ドル→2.12香港ドル(21.1%上昇)

☆ソーラーギガ(陽光能源757)3000株

4/8株価3.01香港ドル→2.96香港ドル

買い付け金額(為替レートは13円/香港ドル)

約53万円の買い付け金額でスタート。

順次自信度の高い銘柄等を組み入れたり入れ替えたりしながら、出来るだけ好パフォーマンスを狙って行きたいと考えています。

中国株成功の法則

1.加熱している時でなく相場上昇の初期段階で購入していく
2.買いだけでなく売りも交え利益確定も大事
3.可能性の高いものについては少しでも購入しておく
4..最初が肝心。その後のメインテナンスも重要。

上昇第一ラウンド初期段階の2004年や2005年に中国株へ的確に投資を行っていれば2007年で大変なパフォーマンスを挙げることが可能でした。

お勧めポートフォリオシリーズ

10/30版新着情報パフォーマンス表

このパフォーマンスにあるように、的確な時期に的確な中国株を購入できて、売りも交えて行っていれば下記のように資産を増やすことが可能でした。

☆2004年の銘柄は平均で5.16倍。(最高は24.1倍)        

☆2005年の上期の銘柄は平均で4.27倍。(最高は15.6倍)        

☆2005年の下期の銘柄は平均で4.6倍。(最高は17.6倍)        

☆2006年の上期の銘柄は平均で約2.76倍。(最高は7.5倍)        

☆2006年の下期の銘柄は平均で2.51倍。(最高は8.9倍)        

☆2007年の上期の銘柄は平均で81%上昇。(最高は4.75倍)  

2007年10月でこの第一ラウンドの上昇は終わり、2008年3月25日から再度スタートと弊社では考えております。第二ラウンドの上昇相場へのスタート時期として捕らえており今回はどのような結果になるでしょう?前回以上にご満足いただけるような結果を出せるように努力していきたいと考えております。このお勧めポートフォリオシリーズでシミュレーションしてお伝えしていこうと思います。