中国成長株の買い方

 今までも何度かお伝えさせていただいている通り、中国市場で高成長が望まれる企業は数多く存在し、そのような企業は色々な分野で活躍しております。かつての日本を思い浮かべれば、それはいろんな企業が活躍し、大きく利益成長した企業も、投資して大きなリターンをもたらした企業もたくさんあります。全体が高度成長時期にあった時代なのですからもちろん成長力の違いはありますが、まさに宝の山であったのです。


時代を捉えることで大きなリターンを!


 このように時代を捉え、市場の成長に応じて成長していく企業に投資できると投資リターンは非常に大きくなる可能性が高いのです。

 しかし、重要なことはそのような成長企業に
‐しでも投資しておくのか、
∩瓦投資できていないのか、
上昇したから見送ってしまったのか、
づ喘罎任笋瓩討靴泙辰燭里

という違いは時を経るごとに大きくなってしまいます。今、弊社の推奨銘柄の数多くが何倍にもなっていますが、本物の成長企業に投資できればそのような数年で何倍という程度のリターンで終わってしまう可能性は低いと考えた方が良いと思われます。

どうしても、株をやっている人の心理としてまだ動いていない株のほうがリスクが小さくて良いと思いがちです。買う時に動いていない株は素人の方でも手を出しやすいのです。逆に上昇している銘柄はきちんとした裏づけがあって初めて購入が出来ます。

YAHOOも154万円→500万円でしばらく停滞期間〜本当の成長企業は買いチャンスは一回きりではない


いい物を早めの段階で購入するのが当然ベストの選択ですが、なかなか買う時期が遅れてしまったりすることの方が多いのです。この最初の段階でということをいくら求めてもそう簡単にはいかないところがあります。先日の例のYahooにしても、500万円になった時に154万円で購入できなかったから上昇してしまっているからあきらめるのかそれとも再チャンスを狙うのかどうかということは成功への一つの大きな分かれ道です。ここで再評価してここでも購入できるのか否かという情報が最も重要かつ価値のある情報といえるのではないでしょうか?
本物は買う時期はその時だけではなく、何度となく訪れます。これは、なかなか株式初心者の方にはわかりにくい部分ですので具体例を挙げて説明しましょう。

相場を大きく捉えることで成長株投資は想像以上のリターンが!

ヤマダ電機の例

1989年に1050円で上場しました。
その後、一気に4200円までわずか数ヶ月で約4倍の上昇となりました。

しかしそこが一端の高値になって、その後は2000年初頭までその高値を抜けませんでした。約10年間の持ち合い期間を経ているのです。

しかし、この休みの間であっても安値から高値までは10倍、つまり安値で購入し、高値で売却できれば10倍になったような相場の上昇はあったのです。

そして、その後が本格相場の始まりで1998年の安値323円(2000年時は1000円)から15590円まで50倍の上昇相場となったのです。

このように本当の成長株は何度となくおいしい思いが出来る銘柄です。

この例で言えば、

1050円4200円の短期間(数ヶ月)4倍相場

1993年半ば153円(分割調整株価)まで下落後、1996年の1160円(同様)まで10倍相場。

1998年の323円から2006年の15590円までの50倍相場と大きな上昇相場だけでもこれだけあるのです。

あくまでも一つの理想ですが、100万円はこのヤマダ電機という高成長株だけでも売り買いのタイミングを理想的に行えば20億円に!

これをすべて、売り買いうまいタイミングで出来れば100万円は最初の,400万円に、△4000万円に、で20億円という大変な額になってしまうのです。当然保有し続けるよりも大きなリターンが得られます。これが大きくとるという弊社の提唱している投資方法です。この間には当然上昇しすぎて過熱して一旦調整に向かったりする局面を迎えますが、大きなトレンドの変化を捉えることが一番重要で、その間のぶれは逆に途中参加するには良い機会を提供するのです。

弊社ではこのような大きな流れを捉えていただくことを中心に情報配信しております。この点が理解できないと弊社のサービス内容をうまくご活用できないと思います。

今の高い中国株推奨実績はこのような大きな波を捕らえているがためです。そして、このような高成長株を一つでも多く早く推奨していこうというのが弊社の推奨方針です。そのような推奨の背景がありますし、大きな上昇相場であれば多少推奨時より高い値段であっても更にお勧めするなどの表現となるのです。

 高い人気と実績の中国株トップ中国株式市場センターの月3000円の有料情報サービス