ライジングブル投資顧問株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1131号

本日の投資戦略

12/17(金)おはようございます。

中国株で10倍、20倍などと資産を増やす方法(1)


株式投資した100万円が数年後に1,000万円、2,000万円に増大したらどうでしょうか?

―――たった一回の決断で、100万円が2,400万円に!?

●中国株のテンセント(700)は6年間で株価32倍!

テンセント  2004年11月30日    2010年10月14日高値 
 株価  5.85香港ドル    193香港ドル
 投資額   931,554円    24,433,800円

※ライジングブル投資顧問の初回推奨時の株価5.85香港ドルで12,000株購入し、保有を続けた場合の例です。
※投資額は為替レートを考慮して算出しております。


たった一回の決断をしていれば、その後は何もしなくても資産を大きく増やすことが可能だったのです。

上記のように「値幅を大きく取る」というのは株式投資の理想形なのですが、これを成功させるには条件をクリアする必要があります。


いくら高い成長力を秘めた中国株だからといって、20倍・30倍に上昇する銘柄は実は一握りです。テンセントだからこそです。中国株投資は単純ではありません。購入後ただ単に放っておいて夢を掴めるほど甘くはないものです。



値幅を大きく取るための条件とは!?
次ページではその秘訣に触れていきます。


弊社の売買シミュレーションサービスは値幅を大きく取りにいくための売買情報を全て含んでおります。うまくご活用ください。

30万円の資金で中国株をスタートしていたら、現在評価額は3.9倍の115万円にまで育っております。それはその時々の売買がなせる業です。


◆30万円売買シミュレーション(ポートフォリオ)の推移

2008年10月 11月20日 1月21日 4月1日 6月18日 2010年
9月6日
2010年
12月16日
上昇率
30万円 35万円 48万円 66万円 79万円 89万円 115万円 3.9倍

(*上表の為替は時価で計算しています。*千円以下は四捨五入しております。)

皆様の中国株資産状況も弊社の売買シミュレーションどおりに行っていれば同様の結果をもたらしております。



中国株で10倍、20倍などと資産を増やす方法(1)

株式投資した100万円が数年後に1,000万円、2,000万円に増大したらどうでしょうか?


そうなれば、100万円の元手で数年で家を買うことができる資金になっていくかもしれません。欲しい車を購入することも可能でしょうし、海外旅行にもどんどん行くことができます。老後の心配もしなくて済みます。月給やボーナスを補います。


まさに「人生が一変する程のインパクト」と言えるのではないでしょうか?


―――たった一回の決断で、100万円が2,400万円に!?



●中国株のテンセント(700)は6年間で株価32倍!

テンセント  2004年11月30日    2010年10月14日高値 
 株価  5.85香港ドル    193香港ドル
 投資額   931,554円    24,433,800円

※ライジングブル投資顧問の初回推奨時の株価5.85香港ドルで12,000株購入し、保有を続けた場合の例です。
※投資額は為替レートを考慮して算出しております。

テンセント(700)はライジングブル投資顧問が実際に2004年11月30日の時点で推奨し、現在まで一貫して購入をお勧めしてきた銘柄です。推奨当時に100万円の資金で投資していたら、6年経った今では2,400万円を超える資産へと成長しているのです。

たった一回の決断をしていれば、その後は何もしなくても資産を大きく増やすことが可能だったのです。

ストレスなく上昇し続けていく限りは、放っておいても資産は日に日に増えていきますし、無駄な売買をする必要がありませんので精神的にもとにかく楽です。
これが株式投資の一つの理想形です。

そして現在であれば、下記のような理由からこの理想的な方法(大きく値幅を取る)を最大限に活用するには中国株が最適と言えましょう。


*中国経済全体が高成長を続けている時期でありビジネスチャンスがあふれていること
*10万円程度で購入ができる有望銘柄がまだ多数存在すること
*円高で更に買いやすくなっていること
*ネット証券の普及で誰でもその気になれば簡単に購入できること



株価が20倍・30倍になっていけば、10万円の投資であっても200万円・300万円とまとまった資金になっていきますし、100万円の投資であれば2,000万円・3,000万円へと資産を増やせる可能性が十分にあります。


これは、中国株ならではの魅力の一つです。


「可能性のある銘柄を厳選して少しづつでも中国株を購入してみる」
これが夢を掴むための第一歩ではないでしょうか。



「値幅を大きく取る」ことは意外に難しい!

「値幅を大きく取る」というのは株式投資の理想形なのですが、これを成功させるには条件をクリアする必要があります。


いくら高い成長力を秘めた中国株だからといって、20倍・30倍に上昇する銘柄は実は一握りです。テンセントだからこそです。中国株投資は単純ではありません。購入後ただ単に放っておいて夢を掴めるほど甘くはないものです。

今回はその「条件」を大きく2つに分けてお伝えしたいと思います。



●「値幅を大きく取る」ための条件①


先ず第一に重要なのが「どの銘柄」を「いつ購入」するのかという点です。ここで最適な選択ができ、購入した銘柄が休みなく上昇し続けてくれるのであれば、何をしなくても財産は日々増えていきます。

※当然ですが、ここで間違った選択をしてしまうと、後で開きはどんどん大きくなり、取り返すことが日に日に難しくなってしまいます・・・。

6年間で株価が32倍に上昇したテンセント(700)は、この期間中ほぼ上昇してきました。こういった銘柄を選択し、早めの段階で購入(大幅上昇前に購入)することが第一の条件となります。


テンセント(700)は32倍となりましたが、中国石油(857)はこの間6年間で2倍ちょっと
、上昇はしているもののとても人生を変えるだけのインパクトになりません。これでは日本株をやった方が良いと思います。香港上場銘柄は1400銘柄近くあります。「その時々」で「何」を選択するのかが重要なことは言うまでもありません。



●「値幅を大きく取る」ための条件②


そして第二の条件は「保有し続けることの難しさをクリアすること」です。


例えテンセント(700)を絶好のタイミングで購入できたとしても、保有し続ける事ができなければ100万円が1,000万円・2,000万円に拡大していくといった成果を得ることはできません。

株を保有している人の心理としては、



*株価が上昇すると 
→ 「早く利益を確定した方が良いのではないか・・・?「20%の利益で十分」など」

*株価が下落すると
→ 「不安になり、早く売却しないともっと下がってしまうのでは・・?」

*株価が停滞すると 
→ 「もっとほかの銘柄の方が良いのではないか・・・?」



こういった考えが常に頭をよぎってしまい、売却の誘惑は常にあるからです。


しかし、例に挙げているテンセント(700)のような場合、上記のような考えにとらわれて売却してしまっていたら、結果として「値幅を大きく取る」チャンスを逃してしまうことになるのです。この6年間のテンセントに限って言えば、売却はしない方がよかったという選択をしなければなりません。


もちろん、この6年間のテンセントの例のようなケースだけでなく株式相場には様々なケースがあります。

*2倍・3倍になった後、元の株価にまで戻ってしまうケース
*5倍になって喜んでいたら、あっという間に下がってしまうケース
*株価が半分になった後、反転しどんどん上昇していくケース
*2倍・3倍になった後、そこからさらに騰勢を強め10倍・20倍にまで上昇していくケース
*徐々にではあるが右肩上がりに上昇していくケース
*鳴かず飛ばずで推移していくケース
*株価が半分になり「もう下がらないだろう」と思ったが、そこからさらに下落していくケース



挙げればきりがありませんが、こういった様々なケースに臨機応変に対応していくことが求められます。つまりテンセントの2004年~2010年の場合は保有持続が良かったのですが、ほかの銘柄や時期が変わるとそれぞれ対応が違うということです。


保有する銘柄(企業)の業績に変化が表れてきた時や世界の景気動向などによっても売却・継続保有・追加購入・銘柄の乗り換え等の判断をしていく必要が出てくるのです。


テンセント(700)の場合は、購入後はそのまま放っておく(継続保有)のが正解でしたが、同じように3年間で株価が30倍に上昇した紫金鉱業(2899)ではどうだったでしょうか?



●紫金鉱業(2899)は3年で株価30倍。その後・・・

紫金鉱業  2004年9月14日    2007年9月24日高値 
株価  0.476香港ドル 14.6香港ドル 


紫金鉱業  2007年9月24日高値    2008年10月27日安値 
株価  14.6香港ドル 1.39香港ドル 

※紫金鉱業の株価は分割考慮後の株価で表記しております。

2004年9月から2007年9月にかけて紫金鉱業(2899)の株価は30倍に上昇しましたが、その後2008年10月までの約1年間で、株価は10分の1になってしまっているのです。

この場合は2007年に売却し、2008年10月に購入しなおすことが最適の選択です。この売買だけで資産は何倍も変わります。

銘柄によっては逆に保有を続けていくと底なし沼のように含み損を抱えるケースもありましょう。

中国株は保有持続を続ければよいという単純なものではなく、その時々や銘柄によって売買は色々変化をつけていくことが重要なのです。



弊社の売買シミュレーションサービスはこのような手に入りにくい売買情報を全て含んでおります。うまくご活用ください。


30万円の資金で中国株をスタートしていたら、現在評価額は3.9倍の115万円にまで育っております。それはその時々の売買がなせる業です。

皆様の売買をフォローしていく売買シミュレーション情報をぜひご活用ください。

◆30万円売買シミュレーション(ポートフォリオ)の推移

2008年10月 11月20日 1月21日 4月1日 6月18日 2010年
9月6日
2010年
12月16日
上昇率
30万円 35万円 48万円 66万円 79万円 89万円 115万円 3.9倍

(*上表の為替は時価で計算しています。*千円以下は四捨五入しております。)

皆様の中国株資産状況も弊社の売買シミュレーションどおりに行っていれば同様の結果をもたらしております。


それでは本日もよろしくお願いいたします。



中国株ランキングは順調にスタート!ご確認ください。
中国株ランキング




≪ライジングブルからのお知らせ≫

毎年恒例となっている年末年始特別企画を行います。

「個人投資家の方たちが誰でも10万円や30万円という元手資金で中国株によって3倍、5倍、10倍へと育てられるようにすること」を目的とし、厳選に厳選を重ね株価が2011年に大飛躍できる可能性のある銘柄だけに絞って提供することを主眼においております。是非、皆様の「劇的なパフォーマンスの改善」にお役立てください。

企画 レポート掲載日 上昇率
2009年 年始特別レポートで紹介した
ライジングブル戦略銘柄A
2009年1月5日 2年半で
2.3倍
2009年 年始特別レポートで紹介した
ライジングブル戦略銘柄B
2009年1月20日 2年半で
4.7倍
2009年 GW特別レポートで紹介した
ライジングブル戦略銘柄C
2009年5月11日 1年半で
5.4倍
2010年 GW特別レポートで紹介した
ライジングブル戦略銘柄D
2010年4月27日 半年で
2.5倍


<<2010年年末年始特別企画レポートのご案内>>
◎3倍、4倍銘柄続出中 今買うなら!?

~戦略銘柄レポート「10万円程度で購入できる、大化け期待の中国株は?」~

◎次のテンセントは?

~テンセントは28倍に上昇中!次の大化け候補 筆頭銘柄は?~

◎2010年は9月6日から上昇相場スタート?! 上昇第二ラウンド本格化!


~投資戦略レポート「投資格差拡がる中国株。2011年の勝ち組になるには、今どうするべきか?」

◎魅力高まる中国株投資! 2011年、相場展望を読む

~投資戦略レポート「2011年で劇的なパフォーマンスをあげるには?~」

などを予定しております。新規戦略銘柄も出していく予定です。乞うご期待ください。



≪中国株の様々な威力について≫

中国株投資に関連する記事をピックアップしております。
再度、中国株の魅力や財産形成へのヒントをご確認ください。


配当の威力(配当利回り20%?)

分割の威力(株数5倍、株価も?)

株価上昇の威力(次の30倍銘柄は?)

株価上昇の威力(値幅を取るにはどうする?)


≪今の中国株相場について≫

2008年は10月28日、2009年は3月9日、2010年は9月6日がビッグチャンス

初押し、それとも!?(11月の下げは買いか?)

初押しは買い!?(いつ購入するのが正解?)


≪弊社の中国株サービスについて≫

ライジングブル戦略銘柄

売買シミュレーションサービス①

売買シミュレーションサービス②

売買シミュレーションサービス③

売買シミュレーションサービス④

投資戦略レポート



会員サイトの内容

月額3,000円でご利用頂けるサービス内容
コンテンツ名 内         容
売買シミュレーション
(中国株ポートフォリオ)
(初級~上級)
10万円、30万円、50万円、100万円、200万円コースがあります。
例えば、10万円ポートフォリオの目的は、10万円の資金でどうやって効率的に増やしていくかにあります。30万円、100万円なども同様です。
皆様の資金力に応じてご利用いただけます。
銘柄の選定から購入、利益確定売り、損切り、追加投資、銘柄入れ替え、組入れ比率の調整などを具体的にサポート。
2008年から会員様のご要望から開設したサービスです。
これで中国株成功3原則は揃います
中国株戦略銘柄情報
(初級~上級)
相場状況も勘案し、2倍3倍になる可能性の高い中国株のみをピックアップした投資判断レポート。
2004年11月に発行したテンセント、2004年9月に発行した紫金鉱業など、20倍、30倍になった銘柄は当レポートから育ちました。
2004年~サービス開始。
中国株投資戦略レポート
(中級~上級)
サブプライムショック時には早めの段階で利益確定売りを促すなどでサポート。
重要な岐路に差し掛かっているときには買い、売り共に強くサポート。
今週のランキング
(上級)
毎週5銘柄をピックアップ。注目ポイントや投資するのが的確な時期か否か等含めて、今の中国株に対する強気度・弱気度なども測ることができる内容です。5社を選定し、特に注目していただきたい銘柄を選定しています。


中国株による財産形成を総合的にサポートしていくコンテンツを月額3,000円でご利用いただけます。


★会員申し込みはこちらから


moushikomi


★弊社ホームページはこちら

中国株式市場センター


中国株ランキングは順調にスタート!ご確認ください。
中国株ランキング


※本サイトに掲載されているレポートは情報の提供を目的とするものであり、 個別銘柄の売却、購入など投資勧誘を目的とするものではありません。 最終的な判断は、必ずお客様ご自身の判断と責任のもとで行ってください。